坊の五分後の世界

ある男の出会い体験記です。女の子との出会いの成功・失敗を共有出来たらと思い自己満に綴っていきます。ブログという別世界で普段他人には言えない出来事を吐きだしたろーみたいな、そんなブログ。

イボ痔の加護亜依風

2012か13年くらい。
麻布のクラブ ミューズでの話。
当時alifeが摘発された影響でミューズは週末いつも人でパンパンだった。
友達と待ち合わせ、入店する。

とりあえず適当にバーで酒を買いメインのダンスフロアへ。人多い。下の階のダンスフロアへ移動する。
なんかどこ行ってもこの瞬間は楽しいねんなー、とりあえず色々見てまわって「よし、やるで!」ってとき。
その後は一喜一憂、いろんなドラマがある訳ですが。

なんかデブのドイツ女に踊りながらチンポまさぐられて、それを友達と笑いあったりとか楽しい雰囲気のまま一度バーへ戻る。

バーの付近でも数組と絡んで、なんか楽しい夜やったんやけど、この子連れ出そうみたいな決定打がないまま時間が過ぎる。とりあえず一旦友達と離れてブラブラすることに。

なんかミューズは内装とか他より非日常感あるからブラブラしててもオモロイんよな、隠れ家的な、まぁ好みは別れそうやけど。



メインフロアに戻ったとき、1人の女が目に付いた。
加護亜依の顔を、目と唇の端を吊り上げてめちゃくちゃスケベな顔にしたような感じ。
表情なんかもしれんけど、めちゃスケベやった、良くエロ漫画とかで痴女に犯されるときのニタァっみたいな顔、口の端からヨダレ垂れてるような、あくまでイメージは。
そんなスケベ顔の女が正直そんな冴えてない二人組と踊っている。
直感的に「あ、彼女とったろ」と思た。

踊りながら近づき腰に触れる、目が合う。また彼女はニタァっみたいなスケベな顔で、笑いかけてくる。

やっぱりスケベなやつやった。ディープキスしながら俺のベルトを外し、チンポをこすってくる、生で、ダンスフロアで。
チンポ取り出そうとしてくる。
さすがにそれは止めてくれと拒否したけど。
ダンスフロアで下半身フルちんのやついたら事件やろ、、、

タクシーで俺のマンションへ。
キスしながら服を脱がしていく。
乳首を吸いながら下半身に触れる。
フェラをしてもらう。テクは印象にないから普通やったんやろう。
こちらも攻めようとパンツを取ったとき、何かが目に入る。
なんかアナルがすごいプクって膨らんどる、、、初めて見た。
なんやこれは、、、
痔?なんやろか?
なんかいろいろ考えながらもこのスムーズなムードを壊したくないので聞きたい気持ちを抑え挿入する。
そのアナルの物体には触れることなく、また話題にすることもなく合計3回セックスした。

セックスのあと色々話してると、まぁやはりスケベなやつやった。
定期的に連絡取ってる男と、男2女1で3Pしてるとか、20歳くらいのセフレ大学生と1日に5回くらいしてるとか。
俺もなんかあったらお世話になろーと思ってたけど結局その後一度も連絡していない、番号登録しているが名前も今はわからない。

そして後にも先にもあんなアナルを見たのはこの時しかない。