読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊の五分後の世界

ある男の出会い体験記です。女の子との出会いの成功・失敗を共有出来たらと思い自己満に綴っていきます。ブログという別世界で普段他人には言えない出来事を吐きだしたろーみたいな、そんなブログ。

クラブ盛りされたジュエリーショップ店長

こんばんは。

先ほど仕事終わってからネカフェに来て、18時半からの出会い系で知り合った女とのアポ前に更新している坊です。

 

昨日今更やけど「ゴーン・ガール」を観た、デヴィッド・フィンチャー監督。

結論から言うと素晴らしかった。

内容は実際に見てくれ。

ただ個人的にリアルに感じたのは、女性の尊厳を踏みにじったら、、、中にはあーいう女もいるということや、、、

なんか当たり前の感想になってしまったな。

f:id:longlongagobou:20150628171601j:plain

 

 

2014年夏頃かと思う。

六本木クラブVで出会った子の話し。
 
友達と二人で出撃した。
ここは一度摘発されて、復活してからは初めてだったが、以前と全く変わらない盛況ぶりやった。
ここも東京でクラブ行ったことある人なら大概知ってる有名店なんで詳細情報は省く。
 
 
友達とは早々に別れ、それぞれ適当に遊ぶ。
なんか三人組のうちの一人とフロアで目が合ったので話しかける。
お目々パッチリでエキゾチックな顔立ちのグレーのTシャツにデニムが良く似合う、海外ドラマのシーズン2あたりにちょいと出てくる、セレブじゃなくて最初はみんなからバカにされるけど、その飾らない笑顔とキャラクターで主要キャラと一時のロマンスを展開するラテン系の転校生みたいな雰囲気の子。

 
「あのステージで踊ってる黒人、絶対ニューハーフやと思わん?」
「うそ、女だよー」
「いや、あの足の骨格とかは男やわ」
 
真実は不明やが、良い感じに仲良くなった。
閉店までイチャイチャチュッチュを繰り返すが、お互いまだ残っていた友達に会ってしまい、うーん、どうしよーみたいな空気の果てにこの日は解散することに。
 
なんかなんとも言えない、すごい切ない顔してたんが印象的やった。
 
 
後日、仕事終わりの新宿で会う。
東口のABCマート前。
 
現れた彼女は、目の周りとまつ毛のメイクが少々やりすぎて、肌が荒れていて、歯も少しタバコ吸ってる感出てて、顔立ちは確かに悪くないんやけどなぁ、服装もなんか今回は女子っぽいワンピースを着て、うーん、クラブで見たときの方が数百倍良かった。
 
これがクラブマジックとかクラブ盛りとか俗に言われているやつである〔適当〕。
まぁたまにこーゆーこともあるけどな、なんか雰囲気まで、ちょいとナチュラル系、言うならばハワイアンジュエリーショップ店長です的な感じから、若い子向け雑誌で、男子大学生必見!初めてのクリスマスプレゼントで外さないショップベスト5とか特集組まれてそうな、デパートの一階とかでは決してない、駅ビルの中に入ってそうなアクセサリーショップ店長みたいに変わっていたのは残念やった、勿論俺は前者が好きなんである。
 
 
 
彼女は横浜の某ファッションビルのジュエリーショップ勤務、なんかほんまに店長らしい。
そして横浜店の前は新宿東口で働いてたとか。
 
このあたりは詳しいという彼女のおすすめの串カツ屋に行くも行列で、仕方なく適当な居酒屋に。
なんか全然ムードの無いカウンター的な大衆焼鳥居酒屋だったが、新宿勤務のころは良く来たと懐かしそうに、楽しそうにしてくれた。
凄く良い子なんやろう。
 
 
受け答えは全然問題無いし、同世代ということで会話は弾む。
後輩も増えてきて自分の立場は中堅になってきたけど、そんな周りの目とは裏腹にまだまだ経験不足なことは自分が一番自覚してて、でも全く自信が無い訳でも無く、それなりに新しいことにチャレンジしていきたいというアラサー前の社会人一般の等身大の話が彼女とは出来た、すげーチープな居酒屋で、居心地の良い時間だった。
 
 
「お、もうこんな時間なんや?」
気付くと12時前、横浜へ帰る彼女は恐らく終電近いはずだろう。
 
 
 
 
彼女は何も言い出さなかった。
 
 
 
 
「あれ、もう終電の時間とちゃう?じゃ行こっか。」
 
 
彼女の真っ黒なアイラインの目が大きく開いて、泣きそうなほどに切なそうな表情を俺は忘れないだろう。
 
 
 
一晩一緒にいると決めた男から二度目見送られたときの顔。
 
 
その後数回ラインで連絡をしたが、このあと会うことは無かった。
 
 
俺と彼女は凄く良い友達にはなれるだろう、でも恋愛だとかなりの価値観の違いがあることが話した感じでわかった、セックスしてしまえば確実に恋人としてのポジションを意識しだす、そんな素直な彼女に対して、その日の俺は帰らせる以外の行動が取れなかった。