読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊の五分後の世界

ある男の出会い体験記です。女の子との出会いの成功・失敗を共有出来たらと思い自己満に綴っていきます。ブログという別世界で普段他人には言えない出来事を吐きだしたろーみたいな、そんなブログ。

アパレル店員てオシャレもエロも楽しんでる子多いよね

クラブ
台風は大丈夫でしょうか?坊です。
ロッキーの続編がやるとかで絶対見たいやん、いつ公開なんやろとか思ってたら更に気になる作品が。
9月公開、ドイツでは大ヒットでハリウッドリメイク決定とか。

f:id:longlongagobou:20150717044442j:image
「ピエロがお前を嘲笑う」
この中二病っぽい邦題と予告編の感じは男子は全員大好きなやつでしょう。
誰か見に行きましょう、とか言って。


今日はクラブの話。
2013年  渋谷はクラブキャメロット
ここはもう人も音楽も内装もゴチャゴチャで良く分かりません、この時しか行ったことないし、たぶんなにか知り合いのイベントだとかのきっかけが無いと二度と行かないでしょう、ゲス感が凄いし、なんかダサいです個人的な印象は、ただ熱いのは熱いです、品格が無いだけで。

クラブに品格ってなんやねんという奴は、女ばかり追いかけるのに必死にならずに、雰囲気だとか音楽をもっと楽しめよ、と。


なんか適当に声掛けたんやろうけど一人のオシャレ系な女の子と仲良くなった。
Aちゃん、ア◯ーズ店員。

「みんなこの後お持ち帰りになるのかなぁ?」とか意味深なこと言ってきたけど、逆にこのまま連れ出すよりも女と男が盛り上がっていく流れを楽しもうと思いこの日は解散する。


後日新宿で飲みに行くことに。
前回よりちょいセクシーでモードな大人の装いで現れた彼女。

適当に入った居酒屋はいっぱいでカウンター席に。

突然ですが、俺はこのカウンターで二人で飲むっていうのが案外好きというか、良い感じになる率が高い気がするけどどーやろ?
とりあえず距離が近いから酔ったらお互いにボディータッチ増えるし、この時も終始太ももを触りながら店員の目を盗み
指先っちょでパンツ越しにマンコをクリックするという両親が見たら泣くであろうゲスめなスキンシップを楽しんだ。
彼女には彼氏がいるらしいが、嫌がるどころかノリノリでスキンシップに応じてきた、彼氏は俺より一つ年上の公務員らしい、そんな話を聞きながらマンコをクリックし続ける。


からのうちへ移動!とはならず、まさかの解散である。
正直完全に連れ込めたやろう。
ただ、なんとなーく、もう一呼吸おいてからセックスしたいみたいな、ここをスルーすることで彼女も俺も次会うときは「今日はセックスするやろう!!」というここ一番の正々堂々のロマンスが展開出来ると考えた、例えるならば三球勝負に行ってもカットボールなら内野ゴロで打ち取れるところをあえて一球見せ球を使ってからのアウトロー真っ直ぐで三振取りに行くみたいな、星野監督がうなるような男の勝負を選んだわけや、アホや。


当然次の逢いびきは俺の家で。
会って、うちへ招き入れてすぐセックスをしたから服装とかは覚えてない。
ブラをとる、前回の居酒屋では隠れてイチャついていたので胸は確認してなかったが、脱がすと結構デカかった。


そしてやはり彼女はめちゃくちゃエロを楽しむ女やった。
まずフェラが最高に上手かった、フェラはエロが好きじゃないと上達せんと個人的には思ってる。

「坊ちゃんの大きい、何回もしたら広がっちゃって彼氏にバレるかも。」

彼氏がおるやつって絶対比べへん?

色んな体制でセックスをした、正常位で着いているときに金玉を揉んでくる技には興奮した。
やっぱりエロいやつの方がえーな。


彼女とはこの後もセフレ的な感じで会ったり、お互いに友達を誘って鍋パーティーをしたりしたが、いつからかお互いに連絡することなく会わなくなった。


おまけになるが、鍋パーティーをした夜が彼女との最後のセックスやった。

飲み終わり、みんなで雑魚寝をするときに彼女が俺の布団に入ってきた。
手をチンコに導くと少し手コキをして、布団のなかに潜っていった。
チンコを取り出してフェラを始める。
周りはみんな寝付いたかどうかぐらいの状態や、バレないかドキドキしながらもこの状況にフルで興奮した。
周りを確認し慎重に部屋を抜け出しトイレで立ちバックをし、お互いに声を殺しながら尻に発射した。
自分の尻に出たのと、俺のチンコの先に残る精子を指ですくって舐めたのが、彼女を見た最後の姿だ。

いい女だった。